The Dream and the Enjoyment 夢と楽しみを

最新釣果情報   ※尚、当HP内の画像は、無断転載禁止となっていますので 宜しくお願い致します。

08月の釣り情報

2010/08/30

むつ小川原港では、サビキで10~13cm前後のコサバ。
豆アジは、ポツポツ。
マズメ時以降は、ヒラツメガニの他マアナゴ。
マアナゴは、多い日で一人5~10匹前後。
高温、無風、澄み潮で釣果は伸びず。

泊、白糠沖のジギングでは、35cm前後のゴマサバ。
イナダの魚影はまだ薄い。
9月中旬以降の大型に期待。

早いもので今週からは初秋の9月に突入!!!
全国的な猛暑いつまで続くんでしょうか。
今週予報も日中30℃前後、ひょとしたら9月中旬頃までこの厳しい残暑は続くかもしれませんねー。
先週からは豆アジの魚影が一気に薄くなり、コサバがうるさくなってきました。
日によってまだまだ釣果も安定せず、一度海も少し荒れたほうがその後の釣果は上向くかもしれません。
それにしても風がないとナント蒸し暑いことか。

29日の船釣りでは例年になくトビウオが多く、青物のベイトのサンマやカタクチイワシの魚影は確認できませんでしたので残念ながらゴマサバ以外の青物はヒットせず。
9、10月に期待するしかありません。

次回ツアーは9月19日、26日の各日曜日です。
30日現在まだ空きはありますので、 参加ご希望の方はお問い合わせください。



2010/08/23

むつ小川原港では、豆アジの他コサバが混じり出した。
まだ本格的な数釣りとはいかず、日によって釣果はばらつく。
投釣りでは、引き続き小型のマコガレイ、アイナメがポツポツ。

ルアーやウキサビキでのワカシ、ゴマサバも寄りが薄くしばらくは様子見。

8月ももうすぐ終わる時期にもかかわらず、稀に見る厳しい残暑がまだまだ続き今週も最低気温が20℃を下回る日はなさそうです。
ある新聞には、"炎暑延々"の見出しが。
オカッパリでのワカシ、ゴマサバの魚影も薄くなり、暑さのせいか一旦沖目に出たようです。
9月中旬以降にイナダ、ワラサクラスで戻ってくれるのを期待するしかありません。
今しばらくは一休止。準備など今後に備えたほうが良さそうです。
ショアジギ同様、船釣りもこれから秋の陣が始まりますので楽しみですねー。

また、10月2日(土) "第14回フィッシングトーナメントin六ヶ所沖堤大会"
を開催致します。船釣りツアーも含め、只今参加者募集中です!!!


2010/08/16

むつ小川原港では、サビキで豆アジ。まだ接岸する群れが小さく釣果もばらつく。
投釣りでは、小型のマコガレイ、アイナメ。小型が多いが、最大で35cm前後。

ウキ釣りやルアーでは、ゴマサバが多くマサバ、ワカシが混じる。
以前接岸回遊が少なく、釣果もまだ安定せず。ヒラメは小型が多い。

8/10 六ヶ所沖堤スタッフZENチャン釣行紀

8月10日(火) 午前3時濃霧の中、常連さんとむつ小川原港沖堤釣行です。

今回のターゲットは、尺メバルと青物の代表格のサバ狙いで釣り仲間のT氏とコラボっちゃいました~
六沖の北側に陣取り早速スタート!
潮が早いなか1ozのジグや、インチクでHITを狙うも、バイトさえない僕ちゃん。心が折られてくるなか、T氏にHIT!!
上がってきたのは、なんとメバル~エサをいっぱい食べているのか、腹パンでなかなかのナイススタイル!! 

朝日も昇りサバ狙いに切替えすぐにヒット、35オーバーのナイスサイズ!!
ジグや、ヘビーシンキングミノーをキャストする度に、HIT!
10時のタイムアップまで、楽しめましたよ~。
今年は、「サバの当たり年」になる予感がしました。
味噌煮、塩焼きの他活きているうちに内臓を取り除き冷やして持ち帰り、しめ鯖にすれば酒の肴に~最高ですよ!!

トップシーズンは、まだまだこれから。
今年は、大サバ40cmオーバーにも期待が持てますねー。

2010/08/09

むつ小川原港では、サビキで豆アジの他カタクチイワシも時間帯によって釣れ出して来た。
まだ全体的に魚影も薄く、場所によって釣果はばらつくがもう少しでサビキシーズンに突入しそう。

ルアーでのワカシもまだ安定しない中、30cm前後のマサバも日によって回遊してきた。
サビキの小魚同様まだ群れもうすく今後に期待。

先週後半からは、北日本でも最高気温が30℃を下回る地点がないほどの猛暑列島。
引き続き湿度も高く、近年にない全国的なうだる猛暑で体調不良になった方も少なくないでしょうねー。
今週は若干和らぐとは言え、まだ当面この暑さは続きそうですので体調管理には十分ご配慮ください。

先週からはワカシ同様岸寄りも群れもまだ少ないですが、むつ湾内より一足早くマサバの30cm級が回遊し出してきました。
今後カタクチイワシの大きな群れが入り出せば、青物も確率良く狙えそうですが7月の夏イカ同様なんとも読めません。
いずれにしても9月以降がトップシーズンですので、少しでも長く居てくれるよう願うしかありませんねー。

2010/08/01

むつ小川原港では、小型のマコガレイがポツポツ。
ワカシの回遊も徐々に多くなり、ルアーや投げサビキで狙える。
キャスト時はよく周囲を確認して安全第一で。

豆アジは、まだ群れが小さく今後コサバ、カタクチイワシが入ればサビキの本格シーズンに入りそう。

先週一時暑さも和らいだ日もありましたが、梅雨明けしたにもかかわらず日曜日は湿度90%前後で気温も30℃。
更に今週は北日本も真夏日になりそうで、特に日中長時間の釣りもしんどく、うだる程の猛暑が続きそうです。
集中力も途切れがちになりますので熱中症対策をしっかりして、また時間を区切っての釣行が良さそうです。
ワカシ(30cm前後)の回遊も少しずつ増えてきました。
イナダクラスは9月以降になりますのでしばらくはライトタックルで楽しめます。
今後短期間でもサワラ、マサバと青物が続いてくれればよいのですが中々そうはいかないでしょうねー。
久しぶりの暑すぎる夏、いよいよ青物シーズン開幕です!!!

  • WebShopLast update 15/09/14
  • ビッグオーシャンのブログへ
  • ネーチャーボーイズホームページへ
  • つり具のビッグオーシャン野辺地店のホームページへ
  • 八戸海上保安部ホームページへ