The Dream and the Enjoyment 夢と楽しみを

最新釣果情報   ※尚、当HP内の画像は、無断転載禁止となっていますので 宜しくお願い致します。

01月の釣り情報

2008/01/28

氷上のワカサギ釣りは、姉沼、内沼、田面木沼とも氷の厚さが10cm前後で、場所によってはまだ薄氷の箇所もあるので注意が必要。
大きさは6cm~13cmと型もバラバラで、多い人で40匹前後。
今後の冷え込みと釣果に期待。

むつ小川原港湾内で、活性は低いがアイナメの大型が狙える。
最大50cmを釣った方も。

まだまだ一昨年の様な厳冬とは言いにくく、時折暖気も入る為なかなか氷の厚くなるスピードが進まず、 どの湖沼も10cm前後で先週段階ではまだ注意レベルです。
厚さ15~20cm以上になれば安全レベルになりますが、寒気次第でもうしばらくかかりそうですねー。

今のところ岸からはまだ遠くまでは行けないので、水深2~3mラインでの釣果は渋い状況です。
今後厚さが増して、広範囲に探れるようになれば例年通り3桁以上も期待できるでしょう。
これからの冷え込みを待つしかありませんねー。
いずれにせよ無理はせず、安全第一でお楽しみください。

※姉沼土日祝日の出張販売は、その日の氷の状況や暴風などの悪天候によっては営業時間を短縮、変更することもありますのでご了承ください。
また、販売メニューは、別途ワードでご確認ください
 



2008/01/21

むつ小川原港では、急激な水温の低下でアイナメ、カレイ共釣果は上がらず。
クロソイは、20cmクラスがポツポツ。

各湖沼の氷上ワカサギ釣りは、氷の厚さ、氷結度合いがまだ安定していないが、冷え込み次第で今後期待できそう。
防寒対策他、薄い場所には絶対近づかないよう安全第一で。

オカッパリの根魚は、低活性の上、活発に動いてはいませんので 釣果は可也渋い状況です。
ヘチ釣り、穴釣りの方が確率は高いでしょう。
防波堤は、雪が深く車が入って行けない所もありますので ご注意ください。
東沖防波堤も同様ですので、現在渡船は見合わせています。

姉沼は、先週末から一部人が出始めていますが、 20日現在まだ斑状に氷が薄い箇所が何箇所も見られますので 遠くに行かない、薄そうな場所には絶対近づかない、 お子さんからは目を離さないなど細心の注意でお願いします。
今週も引き続き冷え込みが期待できそうですので、 今週末の状況を確認した上で、26日から現地出張販売を行う予定です。
キャンプ場などの小川原湖畔は、当面無理な状況です。

また、各湖沼のアクセス道路は、アップダウンも多い上道幅が非常に狭く、更にアイスバーンに なっていますので、時間に余裕を持って運転も安全第一でお願いします。

20日現在内沼は、橋の下の流れ込みなど一面氷結はしておらず、 まだ全体的に薄氷ですので、今後しばらくは様子を見た方が良いでしょう。

平沼地区の田面木沼は、厚さ約10cm前後ですが積雪が多く、ぬかるんで非常に 歩きづらい状態です。またここは、漁協管理が入っていますので 現地徴収でお一人500円の遊魚料が必要になります。

いずれも道幅、また駐車スペイスが狭いですので、近隣の方の 迷惑にならないよう時間をずらすなどご協力をお願いします。
2年振りの氷上ワカサギ釣りですが、事故のないよう 安全第一でお楽しみください。今年はテントの花が咲きそうですねー。



2008/01/15

むつ小川原港では、マハゼ、チカ。
一気の水温の低下で先週までの釣果が上がらず。
アイナメ、カレイも20~30cm前後がポツポツ。
ヤリイカは、そろそろ終盤。
今後は冷え込み次第で、各湖沼の氷上のワカサギ釣りに期待。

1/14 田面木沼(たもぎぬま)

1/14 内沼(うちぬま)、小川原湖

14日の各湖・沼の画像ですが、まだまだ氷も薄く 人が上がれる状況ではありません。
今週真冬日が続くようですので、期待するしかありませんねー。
昨年できなかった分楽しみにされている方も多いと思いますが、 安心してできるのは、厚さ10cm以上になってからです。
冷え込み次第ですが、1月末以降でしょうか。
この時期落水される方が毎年でますので、 くれぐれも無理をしないようお願いします。
姉沼も同様です。



2008/01/07

明けましておめでとうございます。
本年も何卒宜しくお願い致します。


むつ小川原港では、投釣りでマハゼが好調。
15~20cmで多い人で100匹以上の方も数人。
アイナメは、30cm前後がポツポツ。
サビキでは、引き続きカタクチイワシ、チカ。
ヤリイカは、胴長30cm前後の良型が狙える。

マハゼ絶好調です。200匹以上釣った方もいます。
シロギス同様何が原因なのでしょうか、こんなに大漁の年も記憶にありませんねー。
チョイ投げで即座にアタリがきます。針も10~13号までと大きさに関係なく 食ってきますのでファミリーフィッシングにもオススメします。
シロギスよりも美味だと言う人もいますのでチャレンジしては。

なんと言う鳥か名前はわかりませんが、水深10m前後まで潜って海面に上がってきた鳥を 観察したら、ナントマハゼをくわえてその後ムシャムシャ食べ始めました。
小魚が薄くなった分、ボトムの魚を狙って食べています。
ナント逞しいことでしょう。われわれもあきらめず見習わなくては。
今年も事故のないよう、良い釣果のある年でありますように。

また、氷上のワカサギ釣りですが、現在全く氷は張っていませんので、 今後の冷え込みを願うしかありません。
この分だと早くても1月末以降でしょうか。
昨年のように氷が張らない可能性もありますねー。
状況は随時お知らせします。



  • WebShopLast update 15/09/14
  • ビッグオーシャンのブログへ
  • ネーチャーボーイズホームページへ
  • つり具のビッグオーシャン野辺地店のホームページへ
  • 八戸海上保安部ホームページへ