The Dream and the Enjoyment 夢と楽しみを

最新釣果情報   ※尚、当HP内の画像は、無断転載禁止となっていますので 宜しくお願い致します。

05月の釣り情報

2008/05/26

むつ小川原港では、マコガレイ、アイナメ。
マコガレイは、だんだん小型が多くなり20cm台が多くなってきた。
うねりがとれず多い人で3~5匹。その中でも最大で50cmクラスが上がった。
海タナゴは、型も良く場所によっては30匹以上の人も。

泊、白糠沖のエサ釣りでは、マダラの他、クロソイ、マゾイ。
最大でマゾイ55cm、3.3kg。

先週もうねりがとれず釣果も伸び悩み。天候が落ち着くのを待つしかありません。
根魚の他、外道でウグイ、ボラなどの回遊も目立ってきました。
釣果情報はまだありませんが、そろそろ昨年大当たりのシロギスが待ち遠しいですねー。

マゾイは、24日チャーターのお客様の画像です。
それにしても太いですねー。
浅場のマダラは終盤ですので これから根魚の大型に期待できそうです。



2008/05/19

むつ小川原港では、引き続き中型のマコガレイ、アイナメ。
海水温が上がらず、多い人で4~6匹。
型は20cmの小型から40cm前後。
海タナゴも入り始めてきたが、まだ喰いは渋い。

泊、白糠沖では、根魚の他マダラの大型が狙える。

濃霧なのになぜ強風? など日によってはまだ防寒衣料が必要なほど肌寒い日が続いています。
このような天候で引き続き海水温も上がらず、低活性、喰い渋りの状態でもうしばらくは続きそうですねー。
また今週も台風の間接的な影響がでるかもしれませんので、事前の天候確認など安全第一で お楽しみください。

泊沖水深60mエサ釣り、三沢沖水深130mジギング&インチクでの マダラ釣行の画像です。
5月に入ってからは1m 10kgクラスが数本上がっています。
やはり現物で見るとデカイですねー。
100m以上の水深から上げるのは堪えますが きっと心地よい疲れだったことでしょう。
刺身、フライ、鍋など飽きのこない白身は最高です。
今月一杯は、100m前後の浅場で狙えます。

※前沖情報ですが、尾駮の定置でクロマグロが好調なようです。
30~40kgアベレージで最大は100kgクラスも数本入っています。
海水温同様マグロも北上中です。

2008/05/12

むつ小川原港では、マコガレイ、アイナメ。
マコガレイは、25~35cm前後の中型が目立つようになってきた。
海水温の上昇次第で数が上がり出しそう。
また穴釣りでクロソイ43cm、その他外道で、ドンコ、小型のウグイ。
東沖防波堤では、良型のアイナメ、マコガレイ、メバルが好調。

泊、白糠沖の船釣りでは、アイナメの他マダラがトップシーズン。
最大で10kgクラスも。

先週から肌寒い日が続いていて、海水温はまだ9℃と上がりきらず二桁を前後しています。
マコガレイは、だんだん中型が多くなり大型が出にくくなってきていますが 全体的にはやっといろんな魚種が増えてきましたので、これからがオカッパリの本格シーズンですねー。
海タナゴの群れも確認できましたが、しばらく馴染むまでは喰い渋りが続くでしょう。

また、太平洋沿岸では、海アメマス、海サクラマスの岸寄り回遊が本格化してきました。

画像は、50cm強、2kgクラスですが3kgクラスになると強烈なトルクが楽しめます。

ドラグテンション調整と最後の取り込みは慎重に!!

※大型台風が現在北上中ですので特に太平洋は週末にかけて、十分天候、波高の確認の上無理な釣行は控えてください。



2008/05/07

むつ小川原港では、マコガレイの他ポイントによってはイシガレイ。
まだ数、喰い共渋いがだんだん肉厚が目立つようになってきた。
アイナメも少しづつ岸寄りしだし、投げ釣りで最大50cm。
今後海水温次第で海タナゴも狙える。

GW前半とは正反対で後半戦は、やませ、低温、濃霧の肌寒い日が続いています。
海水温もやっと10度と2桁に乗り出しましたので、これから徐々に魚種と共に 数も増えてくるでしょう。
オカッパリでは、マコガレイの他大型アイナメの釣果も上がり始めました。
沖防波堤では、アイナメ、クロソイの他ナメタガレイの良型が上がっています。

また、天候が安定基調になるまでは、特にうねりの高い日は退避するなどけして無理をせず とにかく安全第一でお願いします。本格シーズンはまだまだこれからです。



  • WebShopLast update 15/09/14
  • ビッグオーシャンのブログへ
  • ネーチャーボーイズホームページへ
  • つり具のビッグオーシャン野辺地店のホームページへ
  • ネーチャーボーイズホームページへ

  • 八戸海上保安部ホームページへ