The Dream and the Enjoyment 夢と楽しみを

最新釣果情報   ※尚、当HP内の画像は、無断転載禁止となっていますので 宜しくお願い致します。

07月の釣り情報

2008/07/28

むつ小川原港では、小型のマコガレイ、アイナメ。
港湾奥では、豆アジ、コサバ、カタクチイワシ。
これからサビキの本格シーズンを迎えそう。
また群れは薄いがワカシ、サバの岸寄り回遊が始まった。

豆アジ、コサバの他群れは小さいですが本命のカタクチイワシも一部 入り出してきました。
天候、気温、釣果共まだ安定せず夜20℃以下の日も あるなど水温があがりませんが、ベイトは毎週増えていますので今後に期待できますねー。

夏のスピードスターの青物も一部回遊し出してきてはいますが、 まだまだハシリで群れも薄く夏~秋口のこれからがトップシーズンです。
今はまだ9~10fクラスのMLロッドで楽しめる30cm前後の小型ですが、スピード、引きはやはり格別です。
途中でバレましたが一回中々上まで上がってこなかった個体がありましたので 中には40cmオーバーも入っているのかもしれませんねー。
キャスト時は周囲を確認するのはもちろん、足元でのフックアウトで自分に向かってルアーが飛んでくることも ありますので十分注意をしてお楽しみください。

いずれにしても夏本番、安全第一でお願いします。



2008/07/22

むつ小川原港では、小型のマコガレイ。
型は手のひらサイズから30cm前後。

豆アジは、まだ喰いが渋く馴染むまでしばらくかかりそう。
ヒラメは徐々に岸寄りしだしてきた。

ベイトの小魚の数が日に日に増えてきてはいますが、 まだ全般的には釣果は伸びずフィッシュイーター待ちと言ったところでしょうか。
シロギスもまだ狙って釣れるまでは、しばらく時間がかかりそうですねー。
一部ヒラメも岸寄りしだしてきてはいますがシロギス同様です。
いずれにしても海水温、ベイト次第でしょう。



2008/07/14

むつ小川原港では、マコガレイ、アイナメ。
30cm前後も混じるが全体的には小型が多い。

港湾内にはまだ群れは小さいが、豆アジ、コサバが入り出しこれからサビキシーズンも近そう。

天候も根魚の釣果も安定しない中、10cm前後の豆アジ、コサバが 入り出してきました。
まだ数釣りまではしばらくかかりそうですが 今後の梅雨明け後に期待できそうです。

手首イカも釣果は安定しませんが、夕方以降に狙えます。 只今海水温やっと18℃になりました。



2008/07/07

むつ小川原港では、投釣りで20~30cmのマコガレイ。
ヘチ、穴釣りで30cm前後のアイナメ。
一人3~10匹前後で数はまだ伸びず。外道でドンコ、ウグイ。
手首イカ、カタクチイワシは今後に期待。

防波堤から港湾奥までカレイアイナメは入っていますが、釣果は安定せず 渋い状況が続いていて、まだまだ数釣りには程遠い状況です。
コオナゴ、カタクチイワシ、手首イカなどいろんな小魚の群れが だんだん増えてきていますので、これから魚種も増え上向いてくるでしょう。



  • WebShopLast update 15/09/14
  • ビッグオーシャンのブログへ
  • ネーチャーボーイズホームページへ
  • つり具のビッグオーシャン野辺地店のホームページへ
  • 八戸海上保安部ホームページへ