The Dream and the Enjoyment 夢と楽しみを

海峡真鯛ライトジギング

エリアと概要

4月中旬から陸奥湾内に、日本海沖で越冬した真鯛が潮流に乗って入ってくる為、メインターゲットとして狙えます。この時期の真鯛の群れは、カタクチイワシやコウナゴなどのベイトフィッシュを捕食しているので、ジギングで狙えます。また産卵を控えてた真鯛も多く、重量もありヒキも強く、身も絞まっていて美味なので、近年では県内外からのアングラーも多く、釣り方も簡単で60g~90g程のルアーを落として巻き上げるだけ。それと、イソメなどの餌も必要としないため女性や子供でも気軽に楽しめると、人気も高くなっています。

エリアとしては、平舘沖今別沖で岩礁帯が多く潮の流れも速く水深は、50mから70mまで断崖絶壁の様に落込む場所もある為、通常は、60g~90gのジグを使用しますが、潮流や水深の状況により予備として130gまでのジグやインチクも用意したほうがいいでしょう。また砂底と岩礁が入組んでいるため、外道で、ミズクサカレイ・クロソイ・アイナメ・ホウボウ・ヒラメなどの良型もかかることもあります。

サイズ

アベレージサイズは、50cm~70cmまでが多く、中には80cm以上の大真鯛も数匹揚がることも、1人1日の平均釣果は、3匹~6匹くらいですが、活性が高い大きな群れにあたれば1人20匹以上の釣果の時も1シーズンに何日かは、あります。

シーズン

4月中旬から5月いっぱいまでとなり、GW後にトップシーズンをむかえます。5月中旬から真鯛は、陸奥湾内の水深30m前後の浅場の養殖ホタテの棚(のし)に入って来ますので、ブラーやスプーンを使用したのし釣りへと変わります。また、夏からの平舘沖・今別沖では、青物のジギングも楽しめます。

タックル

平舘沖・今別沖のエリアは、岩礁帯が多くルアーも着底させてから巻くので、底取のしやすさからもベイトロッドの使用がベストと言えるでしょう。ベイトタックル使用の利点は、着底の感触がわかりやすくすばやく巻上げ動作ができるため、根掛り回避ができルアーをロストしにくくなります。また、真鯛の活性が高い時は、フォール中にバイトしてくることもあるためフォール中のアタリも感じやすいと言うのが、ベイトタックルのメリットです。
スピニングタックルは、着底がわかりにくいので、ルアーロストしやすくフォール中のアタリもわかりにくいです。このような視点からもベイトタックルがおすすめとなります。

近年、真鯛ジギングの人気で各メーカーから真鯛カブラ専用ロッドが発売されていますが、代用としてタチウオジギングなどのルアーWtが、100g前後使用でき長さ6フィート4インチ~7フィート5インチまでのロッドがいいでしょう。他には、バスロッドが代用できルアーWt3/4オンスのミディアムロッドか、1オンスのミディアムヘビーロッドの長さ6フィート5インチ~7フィートが代用できます。ただし、バスロッドの欠点としてグリップが短い為にジグの重さや、真鯛の引きなどを考えるとロッドを握る手や腕に、負担がかかり体力を必要とするため、長時間のつりには不向きといえるでしょう。

リールは、ベイトタイプ・スピニングタイプ共に、PEライン1.2号が150m~200m巻けるタイプで、例としては、

ダイワなら

ベイトタイプ:ジリオン100シリーズ・アグレスト100PE・ベイヤード150など
スピニングタイプ:4000番以上の物 セルテートシリーズなど

シマノなら

ベイトタイプ:クラド201・アクシス100・バイオクラフト300など
スピニングタイプ:3500番以上の物 バイオマスター・ツインパワー・アルテグラなど

各メーカーから発売されていますので、お好みのタイプで、ご用意ください。

ライン

ラインは、PEライン1.2号~1.5号150m~200mで、マーカー付がよく棚合わせや底取の目印になり使いやすいです。

例としては、
バリバス:マックスパワーライトジギング10×10 200m など
ゴーセン:ウルトラジグマン など

PEラインも各メーカーから発売されていますので、お好みタイプを用意してください。
PEラインには、フロロカーボンラインの3.5号か4号で6m~8m程リーダーを結びます。フロロカーボンは、強度や根ズレにも強く伸びもすくないので真鯛の小さいアタリを取るには、最適です。

また、これらのタックルは2セット用意されたほうがいいでしょう。船で真鯛の群れを見つけてから、群が通りすぎるまでの時間が短く1セットのタックルでルアーチェンジしていては、チャンスを逃してしまいますので、できれば2セット用意しましょう。

ルアー

使用ルアーは鯛カブラ・メタルジグ・インチクを使用しますが、いずれもメインとして使用するルアーWtは60g~90g前後を使用しますが、潮流が速い場所・水深60mを超える場所・潮目狙いの時は、100g~130gくらいの物を使用する場合もあるため、予備として数個ほど用意することをおすすめします。

近年流行の鯛カブラをメインで使用するのであれば、鉛製よりもタングステン製がおすすめです。タングステン製は、鉛製より値段が「高い」というデメリットがありますが、鉛製より比重があるため形状も小さく巻き心地も軽く感じます。 鉛製は、値段が「安い」というメリットがありますが、タングステン製より比重が軽い為に形状も大きく、潮流を受けやすく巻き心地もタングステン製より重く感じます。

ルアーのカラーとしては、真鯛釣りに定番の赤系・金系・ピンク系・グロー系などや、イワシカラーなどがいいでしょう。また、定番カラーもいいですが他のカラーを試してヒットさせてみてはいかがでしょうか。

例として
カブラ:
[シマノ] 炎月満月型タングステン仕様・炎月十六夜
[ジャッカル] ビンビン玉タングステン仕様 など
60g~90g前後

メタルジグ:
[シマノ] スティンガーバタフライ
[デュエル] タメンタイ
[マリア] サーベラ
[シャウト] ライテン
[ネイチャーボーイズ] スイムライダー・スイムライダーショート など
60g~100g前後

インチク:
[シマノ] 炎月インチク
[バスディ] 忍チク など
60g~120g前後
            

タックルのおさらい

ベイトロッド:
鯛カブラ専用&ライトジギング用ロッド
長さ 6フィート4インチ~7フィート5インチ
ルアーWt Max 90g~120g
リール 糸巻量 PE1.2~1.5号150m~200m
ライン PEライン1.2~1.5号150m~200m
リーダーライン フロロカーボンライン3.5号か4号6m~8m

ベイトロッド(バスロッド代用):
長さ 6フィート5インチ~7フィート
ルアーWt Max 3/4オンス  ミディアムアクション  または、
ルアーWt Max 1オンス  ミディアムヘビーアクション

スピニングロッド:
ライトジギング用
長さ 6フィート前後
ルアーWt Max 100g
リール 糸巻量PE1.2~1.5号150m~200m
ライン PEライン1.2~1.5号150m~200m
リーダーライン フロロカーボンライン3.5号か4号6m~8m

テクニック・アドバイス

通常は、カブラ・メタルジグ・インチクいずれも着底させたらゆっくりと一定スピードで巻上げるだけでOKです。
カブラ・インチクのイメージとしては、ルアーに付いている、スカートやタコベイトがゆっくりとフラフラと動かすような、イメージでリトリーブさせてみましょう。メタルジグも同じ感じでリトリーブしますが、軽いシャクリをいれルアーに変化つけ真鯛に喰わせのタイミングをあたえてあげるのもいいでしょう。

船頭さんから魚探の反応を確認してもらい、反応がある水深の10m上くらいまで巻上げアタリがないときは、その底まで落し込んで巻上げます。落し込んでは巻き上げの動作の繰返しが基本になります。

真鯛のアタリは、コツン!コツン!と小さいアタリがきますが、アタリが小さい時は真鯛がスカートやタコベイトを噛んでいるだけで、針掛りしていない時が多いのでそのままリーリングするといいでしょう。また小さいアタリが止った時は一度フォールさせ真鯛を誘うとアタリがくることがありますので、集中しましょう。真鯛が針掛りしますと、ロッドティップをググッ!!と引込みますので、その時に慌てずアワセをします。

真鯛の活性が高い時は、リーリングスピードを速くしたり、シャクリを大きく入れてみるのもいいでしょう。また、フォール中にも真鯛はよくアタックするので、フォール中のアタリのとりかたはスプールを指でサミングし、時々フォールを止めてみてアタリが来ているかみましょう。

真鯛は、1ポイントに留まっている時間が短いため、短期集中戦になります。ルアーチェンジもタックルを2セット用意し、あらかじめルアーをセットしておくと真鯛に出会えるチャンスも増えます。またポイント移動中などの時間を使いルアーチェンジをするのもテクニックのひとつと言えます。

この釣りは、まだまだ未知数な部分もありますのでルアーのオリジナルチューニングや、いろいろなアクションなどを試し、自分なりの真鯛ライトジギングを確立させ真鯛とのゲーム性を楽しんでみてはどうでしょうか?

アングラーとしてのマナー

・近年、平舘沖・今別沖の真鯛ライトジギングにおいて同日に複数人の船頭さんに予約を入れ釣行日の朝に急なキャンセルを入れるアングラーや、出港時間に遅刻してくるアングラーが増加しているようです。他のアングラーにも迷惑を掛けるので、気をつけてください。

・釣り中はもとより、港や近隣にごみの放置・たばこのポイ捨てはやめましょう。

・出港漁港内に車を駐車するので、事前に漁港組合や船頭さんに駐車場の確認をすませておきましょう。

・マイボートアングラーの方は、スロープ使用の際は漁協や漁師さんに一声掛け使用許可をとって使用しましょう。

・海上では、急な天候の悪化がよくあります。防寒対策・ライフジャケットの装着など安全面にも十分注意し楽しい釣行にしましょう。

  • WebShopLast update 15/07/14
  • ビッグオーシャンのブログへ
  • ビッグオーシャンのブログへ
  • ネーチャーボーイズホームページへ
  • ネーチャーボーイズカタログ2016
  • つり具のビッグオーシャン野辺地店のホームページへ
  • 八戸海上保安部ホームページへ